会社見学ツアー

川村義肢HOME > 会社見学ツアー > 歴史展示室 > 義肢装具の歴史

義肢装具の歴史

世界の義肢装具から日本の義肢装具まで詳しくご紹介致します。
また川村グループのルーツもまとめてご説明しております。

世界の義肢装具の歴史 日本の義肢装具の歴史 川村グループのルーツ
  • 古い義肢
  • 第一次世界大戦と義肢
  • 第二次世界大戦と義肢
1.古い義肢

足の切断は古くからあったようで、インドの医学書「リグーペダ」の中に、義眼や義歯や義肢の用いられたことが書いてあるのがその最も古い記録である。 これは紀元前1500年から800年のものといわれている。1868年、イタリアのナポリの近くにある紀元前三世紀頃のカプアの墓から発掘された義足は、「カプアの棒義足」といわれこれの模作は英国王立外科学会に所蔵されている。 1862年、パリ近郊で発掘されたイオニア人の花瓶にも、下腿の棒義足が描かれているがこれも紀元前四世紀頃のものと思われる。 義手の記録は義足に比べるとずっとおくれる。鉄製義手で有名なのがゲッツフォンベルリヒンゲンのものである。彼は実在の人物でベルリヒンゲンの義手が有名なのは、彼白身の書いた自伝があることのほかに、ゲーテが1773年に書き疾風怒涛を時代のきっかけとなった「鉄の手のゲッツフォンペルリヒンゲン」という戯曲に負うことが多い。ともあれ中世から宗教改革ルネッサンスヘとうつる騎士道はなやかな時代であり、この義手にまつわる物語は絵巻物を彷彿させるものがある。

  • 古い義肢
  • 第一次世界大戦と義肢
  • 第二次世界大戦と義肢
2.第一次世界大戦と義肢

第一次世界大戦(1914~18)は、参戦各国に多くの切断者がでた。 そのため義肢の研究、発達はめざましいものがある。 ドイツでは1915年ベルリンに義肢検定所〈Prufsteliefur Ersatzglieder) ができ、義肢の挽定、規格化が行われた。英国でも1915年ローハン プトンに義肢センターが作られた。 アメリカでは1917年、アメリカ義肢製作者協会が作られ戦傷による切断者への義肢支給を円滑にすることが試みられた。 そのほか、国際的な動きとして、第一次世界大戦で切断者が多くでた オーストリア、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、ポーランドの代表が1921年ジュネーブに集まり、1919年のベルサイユ条約の結果生まれた国際連盟の国際保護機関と、国際赤十字に義肢についての国際情報交換のための書物の出版、研究体制の確立、国際義肢展示会の開催なとを依頼した。その結実1924年国際連盟の一機関であるlLOが「Artificial Limbs」を出版している。 当時それ以外のことは実現されておらず、すべて第二次大戦後になって実現されるわけであるが、そのときに切断者への対応が国際レベルで考えられた意義は大きい。

  • 古い義肢
  • 第一次世界大戦と義肢
  • 第二次世界大戦と義肢
3.第二次世界大戦と義肢

ドイツでは1920年代から大腿義足のアライメントを解決するため支柱のついた革、蝶番関節義足から木製義足へと変わっていった。木製義足は全く別の可能性をもたらした。それはソケットを木で作るとき、断端にうまく適合させると吸いつくようになることである。 第二次世界大戦後ドイツに進駐したアメリカ軍に注目され本国にもちかえられて今日の四辺形ソケットにまで発達し普及したのである。 またプラスチックの進歩とともに板状化が容易に行われることからPTBなど全面接着ソケットが普及してきた。 アメリカでは1912年切断者Dorranceにより能動フックが作られたが、これを用いる能動義手が大戦中開発され広く用いられるようになった。 また画期的なこととしては義手に体外力源を用いたこともあげられる。 この考えはすでに第一次世界大戦当時にもあったがモーターの小型化ができなかったため実現しなかった。リヒテンシュタインのWilmsの作った 電動義手、IBMのものはそのはじまりである。 ガス圧を用いる義手は1952年ハイデルベルク大学のOtto Haffnerによって作られた。電動義手もガス圧義手も今日研究され、また用いられている。

ページトップへ▲

  • 古い義肢
  • 第一次世界大戦と義肢
1.明治時代の義肢

わが国で義足を用いた最古の記録は、幕末から明治初期に立女方(たておやま)として活躍した歌舞伎役者三世沢村田之助(1845~78)であろう。彼は19才の頃より脱疸にかかリ1867年(慶応3年)9月15日、横浜でアメリカ人医師Hepburn(ヘボン式ローマ字を考えた人)に左下腿切断をうけ、活人形師松本喜三郎の作った義足を用いたが、実用にならなかった。翌年4月アメリカのセルホーフ社製の義足が届いたのでこれを装着し、また舞台にでたという。当時2200両であった。 これ以前のことはわからないが、現在でも山村僻地で竹をあんだ籠をソケットにした棒義足がみられることから、このようなものが用いられていたのかもしれない。 わが国で始めて義肢製作を専門としたのは1899年、大阪の歯科技工師奥村義松が創設した奥村済世館である。当時の記録は少ないが、自らも切断者であった鈴木裕一が1902年に出版した義手足纂論は貴重なものといえよう。彼は後年日本義手足製造株式会社を作り現在もつづいている。 内容は義肢の理論性は乏しいが、切断者としての体験、義足の用い方が詳述されており、アメリカのMarksの本からの引用も多い。 日清(1894~95)、日露(1904~05)の戦争時恩賜の義肢が支給されたというが詳細は不明である。乃木大将は1905年より日露戦争での上肢切断者に在来のものより一層便利な義手を考え、東京砲兵廠の南部麒次郎砲兵少佐に相談して乃木式義手を作った。 ヤットコの原理で、柄の一方を鎗術の胴に似たもので体幹に固定し他方の柄を前腕断端にとりつけてものをはさむようにしたものである。

  • 古い義肢
  • 第一次世界大戦と義肢
2.第二次世界大戦と義肢

1937~1945年の戦争の間、陸軍により開発され普及したものに鉄脚といわれる義足と15年式義手がある。鉄脚はアルミニウムのソケットに鉄の支柱をつけ、膝ロックで足部も鉄板になっている。これは、東京第一陸軍病院で作られたもので、これを用いての訓練の様子をかいたものに保利清軍医少佐の「義足に血の通うまで」というものがある。これも科学的なものとはいえず、啓蒙に役立ったとしても精神主義がつよいようである。 一方15年式義手は臨時東京第三陸軍病院のスタッフにより開発、実用化、装着訓練、追跡調査がなされたこの原型は第一次世界大戦中、ドイツで開発されたタンネンベルグと呼ばれるものであった。当時、日本の義肢のレベルがドイツより少なくとも20年遅れていたことを示している。

ページトップへ▲

  • 古い義肢
  • 古い義肢
  • 古い義肢
1.奥村済世館

奥村芳松は通称義松といい文久3年(1863年)生まれで、広島県

三原市出身の士族である。明治維新の時は5才であった。 明治20年大阪市東区道修町の巽屋商店につとめ医療器械の販売を行い、明治26年に東区淡路町1丁目で独立し、医療器械の販売のかたわら義肢・装具の製作を試みたらしい。明治32年に義肢・装具の製作に自信をえたので、西区京町堀通1丁目に移り、店舗と製作所をかまえた。その頃米国人医師テーラー、大阪府立医専〈阪大医学部の前身)井上平造、三宅速教授に種々指導してもらい、良い製品ができるようになったので、義肢・装具製作に専念するのである。ここに出てくる三宅速教授はアインシュタインと親交のあった人である。 従って奥村芳松がわが国最初の義肢工房を作ったのは明治32年(1899年)ということになる。明治36年には店舗、製作所拡充のため同町2丁目に移り、 この年済世舘と称した。 明治40年、三宅速先生が福岡医科大学〈九大・医学部)教授に変り、懇望されて福岡に出張所を開設し、そこでも製作にあたった。これが九州では始めての義肢製作所であったという。 その後芳松は大阪の方を義弟にまかせ、自身は九州で活躍し、門下の養垂ノあたった。そして大正6年(1917年)その生涯を絶えている。54才であった。芳松の門下として育成され、製作所を開いた人は9人であるがその一人が土井昇造氏である。奥村芳松の妻シズは川村一郎の祖父、土井徳松の姉であり土井昇進は弟である。従って当社のルーツは奥村済世舘であるということになる。

(自主創業)

●奥村済世館     明治26年 大阪
●田村義肢製作所 明治35年 岩手
●松本義肢製作所 明治38年 名古屋
●関西義肢工業   明治41年 京都
●有薗製作所    明治43年 八幡
●青木製作所   大正5年 東京
●日本義手足製造株式会社 大正7年 静岡
●田澤製作所      大正8年 東京
●澤村義肢製作所    大正12年 神戸
●佐々木義肢製作所    明治5年 仙台

(医療機器業界から独立)

●長野製作所    明治22年 東京
●橋本義肢製作所 明治37年 東京

(人形師系列から独立)

●北信義肢工業 明治42年 東京
●溝口製作所

(病院、公的機関等から独立)

(その他)

1902年 鈴木祐一 「義手足纂論」

 

  • 古い義肢
  • 古い義肢
  • 古い義肢
2.土井義肢矯正器線文技術所

戦前日本を代表する義肢装具製作施設として定評のあった土井義肢矯正器専門技術所は、明治28年に故奥村芳松氏と共に義肢装具の製作開発に着手した故土井昇造氏が明治43年2月に大阪市西区において独立開設したものである。 昭和3年には現東大阪市に研究所並びに工場を新設し、西区の本社と共に50年前としては驚くへき施設と人材を確保していた。土井義肢の特徴の第一は研究熱心なことにある。ここに展示してある土井式正坐式義足をはじめ、数多くのユニークなアイデアを実用化したが、その保有特許・実用新案は20件にも及んだ。 また第2の特徴は、金属加工に関し絶大な技術を有したことであり、筋金はすべて素材の鋼から手造りで鍛造され、その強度と耐磨耗性は抜群であり、今回展示の義足のように30数年の使用に耐えているがこれには鉄工部主任として永年勤続した古い鉄砲鍛冶の流れをくむ中村嘉三郎氏の技術に負うところが大きい。 終戦直後、大阪・神戸の代表的義肢店数社と合併し、帝国義肢株式会社として新発足したが、昭和23年には解散するに至った。しかし、その良き伝統は土井の社員であった当社の創立者川村一人により受け継がれ、現在に至っている。

  • 古い義肢
  • 古い義肢
  • 古い義肢
3.川村一人

当社の創給者 川村一人(カズト)は明治34年(1901年)3月20日に広島県豊田郡高坂村真良(現三原市)の農業川村筆助の四男として出生した。長男は家督相続者として、家に残り、二男以下はそれぞれ土地を離れて自立の道を進むという当時の農家の習慣に従い、次男は職業軍人に、三男は警察官になった後を受け、小学校高等科卒と同時に、縁あって大阪市西区南堀江にあった土井義肢矯正器専門技術所に入所した。当時は一般に技術を習得するためには弟子入りすると言う徒弟制度の時代で、土井義肢にも入門と言う形で入所したのであった。時に大正5年、川村一人数え年16才の春であった。丁度その頃の土井義肢店は日本最古の義肢製作所の一つである奥村済世舘より明治43年に分離独立し、所主土井昇造氏の優れた資質にリードされてその新製品の開発と独持の技術の展開により着々と地位を固めつつある時期であり、10年後の昭和初期には日本での最大最優秀の義肢製作所として自他共に認められる所となった。川村一人は当初、工場内で技術を習得したが、後に営業専門となり、阪大病院、市民病院(現大阪市大)を始め大阪中の大病院を唯一人で廻っていた。営業が終われば事務の仕事をこれまた一人でこなし、朝夕少しの暇もない位であった。顧客管理もしていて、一定期間経過しても再注文や修理に来られていないお客に手紙を出し、その上カタログ製作も一人でやっていた。まさに八面六臂の活躍ぶりで、今の人の十人分位の仕事をしていたものと思われる。それはさておき、創設者は大変な勉強家で本好きであった。給料の大半を本の購入にあててしまい、その中には1915年発行のローレンツによる先天股脱に関するものを始め、当時世界をリードしていたドイツ整形外科の主な文献はすべて含まれていたものと言っても過言では無い。又、文学青年でもあり、数千冊にのぼる文学者を蔵書し、すべての本に川村蔵書と弧菫(ペンネーム)と書いたハンコを押していた。 昭和12年勃発した支那事変が拡大して、昭和16年には第2次世界大戦となり、戦傷、労働災害それに結核性疾患の多発などで義肢装具製作の需要は飛躍的に増大し、土井義肢は繁忙を極めたが、戦争の激化と共に若手人材の確保の困難、材料資材の不足に悩まされ、注文があっても製作できない状況が続き、営業責任者としての心労は多大なものがあった。昭和19年頃からは戦況も敗色濃いものとなり、国の指導により企業の統廃合が進められていたが、昭和20年3月13日未明の大阪大空襲により土井義肢の本社工場は全焼し、これをきっかけに同じように戦災にあった阪神の数業者が統合され、新たに帝国義肢株式会社として新発足した。本社は旧土井義肢の瓢箪山工場(現東大阪市)があてられ、社長には土井昇造氏が就任した。しかし、新会社における旧土井義肢店職員は極めて冷遇され、旧土井義肢において営業の責任者(現在であれば専務取締役営業部長)の職にあった川村一人は一主任に降格され、会社運営に参画する地位を全く与えられなかった。かくて会社を退社して独立自営を決意し、約1年後の昭和21年12月1日に東大阪市に川村義肢製作所を開設したのである。しかし、過労心労が重なったためか独立開業後わずか8カ月後の翌昭和22年8月16日未明に卒然として世を去った。

ページトップへ▲

COPYRIGHTING(c) KAWAMURA GISHI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.